きねぞう ~気ままに映画評~

映画の感想を述べていくブログです。

【映画評:CUBE】

こんにちは。

杵蔵(きねぞう)です。

 

今回紹介する作品はこちらです!

 

 

CUBE

制作:1997年/カナダ

監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ

出演:モーリス・ディーン・ウィント

  :ニッキー・グァダーニ

  :アンドリュー・ミラー

  : ニコール・デ・ボア

  :デヴィッド・ヒューレット

評価:A-

 

 

ストーリー

目が覚めると、彼らは鋼鉄の立方体の部屋の中に居た。突然理由もなく閉じ込められた六人の男女。ここは何処なのか、一体誰か閉じ込めたのか。何も知らされないまま、彼らの死の脱出が始まろうとしていた……。

レビュー

ソリッド・シュチエーションの先駆け的存在にもなった、パズル型ホラー映画の傑作。理不尽に幽閉された彼らの混乱と恐怖を描く。

ある日、突然見知らぬ巨大な密室に閉じ込められる。「誰が、何のために?」から始まって、あらゆる謎に満ち溢れているこの「キューブ」はとてつもなく恐ろしい映画です。この迷宮は、沢山の無機質かつ正確な立方体の部屋によって構成されており、一つの部屋につき扉が六つ、すなわち縦横無尽に部屋が連なっています。まるでルービックキューブを彷彿とさせるそれらの部屋には、中にはおぞましい罠が仕掛けられており、脱出を試みる者の行く手を阻みます。一体この空間はどこまで続いているのか……訳も分からないまま、彼らはこの迷宮から抜け出すしか道はないのです。

何よりもこの映画で恐ろしいのは、この施設を作り出し、彼らを閉じ込めた「誰か」が存在するということです。脱出を目指す彼らが次第にこの迷宮の仕組み、法則性に気づきだしていくにつれ、じわりと恐怖が立ち上ります。つまり、この迷宮を生み出したのは、幽霊や妖怪のようなスーパーナチュラルな存在ではなく、血の通う列記とした人間だということを理解するのです。誰かが確実な悪意でもって、彼らを閉じ込めたことが判明します。この迷宮を生み出すには莫大な資金や時間を費やす筈であり、多くの人間がこの建造物の設計に関わっている事は容易に想像がつきます。

そして最初はお互いに協力して脱出に臨んでいた彼らも、この絶望的な状況から次第に疑心暗鬼になり、分裂し、狂い出していきます。やはり人間が、一番怖いのだと再確認させられる一作でした。

理由もわからずとある場所に男女が閉じ込められる、という作品は、今では沢山出ているようですが、本作がパイオニア的位置づけでもあり、そのジャンルの中でもよく出来ていると思います。

 

ではまた。