きねぞう ~気ままに映画評~

映画の感想を述べていくブログです。

【映画評:グミ・チョコレート・パイン】

こんにちは。

杵蔵(きねぞう)です。

 

今回紹介するのは、この作品です!

 

 

グミ・チョコレート・パイン

制作:2007年/日本

監督:ケラリーノ・サンドロヴィッチ

出演:石田卓也

  :黒川芽以

  :柄本佑

  :大森南朋

  :高橋ひとみ

評価:

トーリー

会社をリストラされた大橋賢三は、帰郷した実家で、自分宛ての未開封の手紙を見つける。差出人は山口美甘子。かつて高校時代、密かに想いを寄せたクラスメイトだった。手紙を開封するとそこにはたった一行、「あなたのせいなのだから」。さらに旧友から彼女は自殺した事実を聞かされた賢三は、かつて青春を捧げた高校時代を思い出していき……。

レビュー

ミュージシャン大槻ケンヂの半自伝的小説を映画化。憧れの女性であった山口美甘子を巡って現代と過去を行き来する、ロックで怠惰で奇妙に歪んだ日常、そして周囲の個性的な人々を描いた青春映画の傑作。

主人公は、周りと打ち解けておらず浮いた存在なので、とてもひねくれています。クラスメイトに比べて、自分は高尚な趣味があり、その中で絶えず内面を掘り下げて自分と向き合っているのだという幻想を抱いています。しかし、「自分こそは特別な人間なのだ」と思い込み、周囲を蔑みひたすら己の自意識の中に没頭する主人公は、どこまでも痛々しく、はっとするほど感情移入を誘います。

主人公の少年時代は石田卓也、大人時代は大森南朋が演じていますが、過去と現代が交差する映画の構造は実に冴えていて、対照的なようでいて何も変わっていないような彼らの姿を観ているだけで微笑ましいと感じます。

ロックバンドを結成しようと決意し、メンバーにクラス一の変わり者が加わる場面は、同じく自伝的映画の「遠い空の向こうに」を彷彿とさせますね。そして一際スクリーンの中で輝いているのは、やはりヒロイン山口美甘子を演じる黒川芽以ですね。一見、クラスの人気者に見えた彼女でしたが、実は名画座に通う映画マニアで、彼女自身も己の居場所に苦心していた孤独な少女だったのです。あんな可愛い子がジョン・カーペンターブライアン・デ・パルマを引き合いに出して映画を語れる筈もなく、絶対にありえないような存在ですが、だからこそ、主人公のように自らの殻の中で生きている人間には、己を全て認め肯定してくれるような気持にさせてくれ、それがどこまでも己にとって都合良く、彼女がより可憐に映るに違いないですね。

人生における困難や挫折にもどこか前向きな気持ちを与えてくれる、珠玉の一作です。

 

ではまた。