きねぞう ~気ままに映画評~

映画の感想を述べていくブログです。

【映画評】:蜘蛛巣城

 

監督:黒澤明

製作:1957年日本

出演:三船敏郎山田五十鈴志村喬久保明、太刀川洋一

 

■ストーリー

戦国時代。勝ち戦の帰りに、蜘蛛手の森の中で迷ってしまった鷲津と三木。

そこで二人が出会ったのは、白髪の奇妙な老婆だった。

老婆曰く、今回の功績を讃えられ、君主からの褒美に、鷲津は北の館の主に、三木は一の砦の大将になると予言する。さらに鷲津には、やがて君主の治める蜘蛛巣城の主になるとまで言われるが……。

 

■レビュー

シェイクスピアの戯曲「マクベス」を下地にした黒澤明の意欲作。

これは面白い。

老婆の予言が的中し、鷲津は次の予言も本当に実現するのではないかと考えます。

しかしそんなことを知らない君主は、鷲津の館にやってきて、館に泊まると言い出す。

「これは殿を殺し、城の主になるチャンスでは……いやいや殿には目をかけて貰った恩がある」と踏みとどまったりする、鷲津の葛藤が見事に表現されています。

鷲津をそそのかす妻を演じる山田五十鈴も、研磨された刃物のような尋常ならぬ気配を湛えていて、迫力満点。

君主を殺し、蜘蛛巣城の主になるのだと促すに妻に、最初は戸惑う鷲津だが、やがて決意を固めた時の、あの濃密なギラギラとした殺意。

観ていて思うのは、卓越した人間の描写力です。台詞や仕草、一挙一動にその人間の心を絶妙に表現されていて、これが問答無用に面白い。

予言する老婆が、これがえらく怖いです。そんじょそこらのホラーなんかよりもよっぽど怖いのです。

老婆の佇まいが、白黒の画面の中でも異彩を放っていて、確かに「この世ならざる者」を体現していました。

評価: